• 2018.1.5

インプラントは矯正歯科で歯を整えてからするべき

矯正歯科

永久歯が抜けてしまうと、人間の歯は再生することができないので歯のない状態になってしまいます。
歯は1本抜けただけでも、見た目が悪いことはもちろん、噛み合わせにまで影響が出てしまいます。
そこで、インプラント治療が登場したのですが、治療を受ける前には検査が必要です。

例えば、歯が抜けたままの状態で放置していると、だんだんと歯は抜けた方に倒れ込んでしまいます。
1本だけでなく全体のバランスが悪くなってしまいます。
元々歯並びが悪かった部分は特にその傾向があるため、インプラント治療をする前に矯正歯科で歯並びを整える必要性があります。
ガタガタの状態でインプラントをしてしまうと、せっかく治療してもうまく噛むことができなくなってしまいます。

矯正歯科で、インプラント治療をしたいために歯並びを治したいと伝えれば、歯のない部分を残したまま矯正治療に入ることができます。
それ以上歯が倒れ込まないようにする処置をする場合もあります。
矯正歯科とインプラントが違う歯科医院の場合は紹介状が必要なこともあります。

インプラントでは、チタンを歯の無い部分の骨に埋入することで、失った歯の代わりにします。
埋入する際には骨に穴を開ける手術が必要になりますが、噛み合わせだけでなく歯並びと言った審美性の面も考え、計画性を持って治療を行わなければいけません。
歯並びが悪い部分は抜歯して矯正することがあるように、治療も段階的に進めます。

そのため、まず全体的な治療計画を立てて、どのように治していくのかを歯科医師はもちろん患者さんも話し合わなければいけません。
治療の流れとしては、お口の中全体を撮影するためのレントゲンやCTで様子を把握します。
矯正に抜歯が必要であれば、抜く治療を受けてから矯正をすることになります。
矯正は時間がかかる治療ですが、装置を付けることで歯は少しずつ動いていき、きれいな歯並びになります。

きれいな歯並びになったら、今度はインプラント治療に入ります。
きれいになった歯並びに合わせてチタンを埋め込む位置を決めて手術に入ります。
手術というと、怖いイメージがありますが、1~2時間ほどで終わる日帰り手術です。
その後、骨とチタンが結合したら人工歯を装着しインプラント治療は終わりになります。
矯正から考えると長い治療期間が必要になりますが、その分満足度の高い治療を受けることができます。
仕上がりはきれいで、噛み合わせもしっかりしているので安心して噛むことができます。

関連記事
ページ上部へ戻る