• 2018.4.19

歯周病予防のための予防歯科へ行こう

歯茎が痛い女性

歯周病は30代になると約7割の方が発症している、口腔内の病気です。
これだけ身近な口腔内の病気ですが、どのような症状が現れるのか、また治療方法など詳しい事は分からないという方も多いのではないでしょうか。
歯周病は細菌の感染によって、歯茎に炎症が起こるのが特徴の病気です。
たかが炎症と放置してしまうと、その炎症が骨部分にまで進み歯が抜ける原因となってしまいます。
また、増えた細菌が血液の流れによって全身に回ってしまうと、様々な健康被害も起こってしまいます。

何となく悪いイメージはあるけれど、あまり気にしていないという方も多い歯周病、口腔内だけでなく全身の健康を考えるのであれば、しっかり治療や予防をする事が大切です。
歯周病を予防するには予防歯科の治療を行っている歯医者さんで、適切なメンテナンスを受けるという方法が一般的です。

予防歯科を行っている歯医者さんではPMTC「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」と言われる歯科治療でメンテナンスを行うのがメジャーとなっています。
PMTCは特殊な器具を用いて歯周病の原因となる、歯石を落とす歯科治療です。
歯垢には多くの雑菌が潜んでいるので、PMTCで歯石を落とすと同時に歯周病を引き起こす細菌も落とします。

毎日、しっかりブラッシングをしているという方でも、磨きにくい部分や歯茎の奥には歯垢が溜まっています。
歯垢を放置すると硬い歯石となり、ブラッシングでは落とす事が出来ません。
ですので、PMTCで自分では落とし切れなかった歯垢・歯石を落とす事で歯周病予防に繋がります。

PMTCの他に予防として効果的と言われているのが「フッ素」の塗布です。
フッ素は歯の質を強化する効果があり、歯周病や虫歯予防にも効果的と言われています。
フッ素配合の歯磨き粉もありますが、治療では高濃度のフッ素を塗布するのでよりフッ素による予防効果が期待出来ます。

歯医者さんは虫歯など痛みや口腔内にトラブルが起こらないと、なかなか受診しないという方も多いようです。
ですが歯周病を予防するには、何も問題は無くても定期検診を受けてメンテナンスを受ける必要があります。
カウンセリングではブラッシングの指導などのサポートも受けられるので、自宅での正しいメンテナンス法も教えてもらえます。

ブラッシングはただ時間をかければ良いという訳でなく、しっかりと磨き残しが無いようコツが必要です。
予防歯科に力を入れている歯医者さんであれば、ブラッシングの指導も丁寧に行っています。

関連記事
ページ上部へ戻る